俊英館Flex

school

2017.12.06
【冬の講習のご案内⑥】
2017.11.29
【冬の講習のご案内⑤】
2017.11.22
【冬の講習のご案内④】
2017.11.22
【 なぜ、3学期内容の先取りなのか ~冬の講習 中1・中2のご案内~】

【冬の講習のご案内⑥】

今日で入間中央校の生徒の皆さんが通う全中学校の期末テストが終了しました。
テストが終了している中学校の生徒の皆さんからは高得点ゲットの報告が多数届いています。

また、俊英館Flexでは入間中央校に限らずこの数日間、多くの校舎で
学年1位などの成績優秀者が続出しています!

定期テストに強い!

高校入試に強い!


というのは俊英館Flexの大きな特長ですが、
その理由のひとつに 勉強道場 があります。
下の写真は授業中ではなく、テスト勉強に励んでいる生徒達の様子です。

授業がわかりやすい⇒問題がスラスラ解ける⇒勉強に自信がつく⇒テストで結果が出る⇒周りの人にほめられる⇒さらにヤル気が出る⇒もっと勉強したくなる!

など、生徒にとって成績が伸びる流れが俊英館にはあるのです。

この冬、俊英館Flexが初めての小学生・中学1年生・中学2年生の方は

冬の講習を0円で受講できます。
※対象コース・受講科目などの詳細は校舎スタッフまでおたずね下さい。

講習スタートまで残り2週間あまり。学年によっては定員に近づいているクラスもございますので、興味のある方は今すぐに校舎までお問合せ下さい!

【冬の講習のご案内⑤】

11月も終わりが近づき、もうすぐ12月ですね。
俊英館では、冬の講習スタートまで1ヶ月を切りました。
今日と明日で2学期の期末テストが終わる中学校もありますが、日程が早かった中学校では試験結果が返されてきていますね。まだ数名しか返却されていませんが、95点以上の高得点が続出するなど各生徒健闘がみられています。
入間中央校だけではなく、各校舎でも

期末テストで100点満点など高得点ゲット!
の声が続いています!

なぜ俊英館Flexは埼玉県の多くの中学生に選ばれるのか?
今回はその魅力のひとつをお伝えします。それは、

できるまで帰れない!

3段階勉強法!

による学習内容の徹底定着があるのです。

ステップ① 『わかりやすく集中できる授業』
授業後の確認テストも意識して、授業を受けてもらいます。合格しなければ帰れませんので、自然と授業への集中力がUPします。1つ1つを理解して、できるようにすることが学力アップの第一歩です。

ステップ② 『毎日合格する!確認テスト』
授業が終わったら、今日の自分の理解度を試す確認テストを行います。授業中に『わかった!』と感じた問題を本当に解けるのかどうかしっかりとチェックする時間です。

ステップ③ 『ここが大切!Flexタイム』
確認テストで解けない問題があったときでも、それを自分の力で解けるようになるまで、Flexタイムを使って演習を重ねます。もちろん担当の講師がきちんとフォローしますので、決して中途半端な状態では終われません。すべて『できた!』と言えるときが、その日の授業の終わりなのです。

冬の講習では、俊英館Flexが初めての方のための無料講座がたくさんそろっています。
興味のある方は、ぜひ俊英館で一緒に勉強し、
3学期の学年末テストで最高得点を目指しましょう!

【冬の講習のご案内④】

もうすぐ12月、早いもので公立高校入試まで約100日ですね。
気温はどんどん下がってきていますが、入間中央校に通っている中学3年生の皆さんはとても熱く、日々勉強しています。
受験を控えた中学3年生にとって第一志望校合格のカギを握るのが

中3 冬の講習 です。
俊英館Flex は昨年(平成29年度)の高校入試において
浦和・浦和一女・大宮・川越・川越女子 など

公立高校828名合格!

私立高校1228名合格! 

など、本当に多くの受験生の笑顔を見ることができました。

入試までの残された期間、俊英館でラストスパートをかけたい、というみなさんは
ぜひ、熱い熱い俊英館の先生達とともにがんばりしょう!

≪中学3年生 冬の講習 充実のラインナップ≫

★必修5教科★
今までに身につけてきた知識を得点につなげるための考え方、入試に勝つための解答力を養うための必修講座です。最後の総まとめで合格をつかみとりましょう!
※私立受験などを対象とした『必修3科』コースもございます。
★入試直前特訓★
1月22日から始まる私立高校入試に照準を合わせた、英語と数学の直前対策講座です。入試問題にどのような視点で切り込むか、実際の問題を通して実践的に身につけます。
★年末特訓★
2017年最後の授業は『ウェスタ川越』で、自分と実力が近い仲間とともに切磋琢磨し、お互いの実力に磨きをかけていきます。受験を目の前にして、精神的にも大きく成長する一日となるでしょう。
★ウォーミングアップ講座★
冬休みに入る前の数週間で多くの弱点を克服することでできる講座です。一人ひとりの苦手教科や分野に対して効果的なカリキュラムで行っていきます。

その他にも
公立対策フォロー個別私立志望校対策個別 など、個別指導のコースも充実しています。俊英館の冬の講習で、志望校に向かってピンポイントで弱点攻略していきましょう!

【 なぜ、3学期内容の先取りなのか ~冬の講習 中1・中2のご案内~】

冬の講習の中1、中2は「3学期内容の先取り」がテーマです。

なぜ、3学期内容の先取りなのでしょうか。その理由は2つあります。
①学年評定を意識した学習。
②3学期内容を苦手とする中学生が多く、3学期内容をしっかりやることで、有利になる。

【通知表の学年評定について】
3月には「3学期の通知表」とともに「学年評定」が出されます。
この「学年評定」が公立高校入試において、そのまま点数化されるのです。
埼玉県公立高校の入試は、中学1年生からの通知表の結果が入試で得点として使われます。例えば中学1年生の通知表の結果は、1学期から3学期の総合の結果として学年評定という形で結果が出ます。公立高校入試で使われる成績はこの学年評定です。学年評定は、ほとんどの場合、1学期から3学期までの平均的な値となっています。
(例えば)
☆1学期と比べて、2学期の成績が下降してきたという場合、3学期の成績できちんと取り返せば、学年評定は良い値となります。
☆1学期の成績は悪かったので、2学期は頑張って成績が上がったという場合でも、そこで満足して3学期の成績が下がってしまうと、学年評定は悪い値となり、2学期の頑張りの意味がなくなってしまうのです。

学年評定をきちんととるためにも、学年末の成績を目標に勉強することは大切なのです。

【3学期内容が苦手になりやすい理由。】
学校によって、教科書の進み具合が異なります。進み方が順調な中学校もあれば、進み方が遅い中学校もあるのです。
進み方の遅い中学校においては、3学期に授業の進み方が突然速くなるということも可能性として考えられます。学校によっては、次の学年に持ち越されるということになります。3学期内容は、十分な学習が出来ない可能性が、1・2学期よりも高いのです。

俊英館の冬の講習では、3学期の学習内容を先取りしていきます。早い時期から勉強に取り掛かることで,3学期の難しい内容への対応力もつき、また、繰り返し学習する時間ができ,定着度がアップし、成績につながっていきます。

俊英館が初めての方は,コースにより「無料」で受講していただくことができますので,普段通われていない方も是非ご検討下さい。

お問合せは,直接校舎へご来館頂きますか,下記までお電話下さい。
俊英館Flex 入間中央校 ℡04-2964-0518
 

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 講習パンフ請求
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

入間中央校

大きい地図で見る

〒358-0003
埼玉県入間市豊岡1-8-31

最寄駅 :
西武池袋線 入間市駅