俊英館Flex

school

2019.03.27
春の講習 3/27の様子
2019.03.26
新中1必見、都立入試でスピーキングテスト導入
2019.03.25
この春から開始でも大丈夫! 新中1、春の講習受付中
2019.03.23
理科実験イベント「レモン電池をつくろう!」の様子
2019.03.22
ワクワクする小学生の授業、図形の極

春の講習 3/27の様子

本日、中2、中3の講習が開始となりました。

今春の講習は、中2は復習単元、
中3は予習単元となっております。

中2の最初の定期テストは、およそ
中1の復習内容からの出題となります。

ここでしっかり前学年の内容を復習することで、
スムーズにテストの準備ができます。

また中3に関してはまさに受験生としての一年の始まり。
この一学期の定期テストで結果を出しにいく構成です。

英語は現在完了、数学は平方根を学習し、
ダイレクトに一学期の定期テスト対策をしていきます。

館生も講習生も、みな一様に
テストに向けた学習を熱心に行っていました。

この頑張りがあれば、定期テストも大丈夫そうです。
それ位、高い志を持って講習に臨んでいました。

本日が春の講習初日。

明日以降も、みなさんの新学期の学習を導けるよう、
講師一同、講習授業に全力投球です!

俊英館Flex昭島校
担当:金田・岡・大貫
TEL:042-519-6981

新中1必見、都立入試でスピーキングテスト導入

東京都教育委員会から、
都立入試に関して重要な方針が発表されています。

都立入試で英語のスピーキングテストが導入されます。
伴って、都立入試での現状のリスニングが廃止されます。

実施順は以下の通りとなります。

2020年度入試(新中3):試験校が選定され実施となります。
合否結果には関係ありません。

2021年度入試(新中2):全ての中学で試験実施となります。
合否結果には関係ありません。

2022年度入試(新中1):全ての中学で実施となります。
合否結果に関係します。

中3の11月下旬~12月上旬の土日に各外部会場にて、
「タブレット」を使ってスピーキングテスト実施となります。

「AI(人工知能)」がそれを判定するシステムです。
スピーキングテストは35点程の配点となります。

リスニングをした上でのスピーキングとなるゆえ、
現状のリスニングテスト20点分が廃止になるわけですね。

都立入試の方向性は、私立入試も踏襲することが多く、
私立志望の生徒にも受験させる可能性があるそうです。

あくまで、およそ決まった方向性、という段階ですが、
今後この流れで進むことに間違いはなさそうです。

少なくとも、新中1からは対策を取る必要性が出てきています。
今までの高校入試のイメージでは準備できません。

俊英館では、最新の情報を手に入れながら、
スピーキングに向けた準備をしてまいります。

俊英館で中学準備をして、中1としての一年間を過ごした、
現中1(新中2)は一学期期末テストの平均点が441.5点!
一年学習して迎えた学年末テストの平均点も432.0点です。

新中1の春の講習は、少し遅めの3/28(木)からスタート。
新中1の中学入学準備は、俊英館にお任せください。

俊英館Flex昭島校
担当:金田・岡・大貫
TEL:042-519-6981

この春から開始でも大丈夫! 新中1、春の講習受付中

小学校6年生の皆さん、保護者の皆さま、
本日はご卒業おめでとうございました。

春休みを迎え、明ければもう中学生になりますね。
中学校入学の準備はお済みでしょうか。

中学校入学にあたっては、勉強や部活など
新しく始まることへの不安も出てきますね。

英語の本格的な開始、算数から数学への難化。
定期テストへの準備。部活動との並行などなど。

これら不安を解消するためには、
早めに中学校の準備をしてしまうのが一番です。

4月から学ぶ内容を既に定着させておけば、
余裕を持って中学校の学習を迎えられますね。

俊英館の春の講習、新中1に対する授業では、
この講習から始める方へのカリキュラムを用意しています。

新規生対象にゼロベースで始める授業になりますので、
スムーズに中学校の準備を始めることができます。

もう周りが始めている中で自分だけ取り残されていないか、
と心配する必要もありません。全く新しく始める講習です。

同じように中学準備をして、中1としての一年間を過ごした、
現中1(新中2)は一学期期末テストの平均点が441.5点!
一年学習して迎えた学年末テストの平均点も432.0点です。

春から初めて、しっかり上記の結果を残すには、
たくさん散りばめられたヒケツがあります。

新中1の春の講習は、少し遅めの3/28(木)からスタート。
まだまだ春の講習の受付を行っております。

この春休みで中学校の準備をして、
万全な状態で中学校入学を迎えませんか?

俊英館Flex昭島校
担当:金田・岡・大貫
TEL:042-519-6981

理科実験イベント「レモン電池をつくろう!」の様子

本日小学生対象理科実験イベント、
「レモン電池をつくろう!」を実施しました。

手元に電池がなくても、レモンと銅板と亜鉛板さえあれば、
電気を流せちゃうんです!

そんな不思議な実験を生徒と一緒に行いました。

キットを完成させて、いよいよレモンの投入!
テスターでつなげると、電子オルゴールからメロディが!

思わず、「おおっ!!」という歓声があがっていましたね!

その後はレモンのつなげ方を変えてみたり、
テスタでつなぐ金属を変えてみたりして、
音の変わり方を実験しました。

なぜ変化するんだろう、
どうしたら変化させられるんだろうと考えることが、
理科についての思考力を高めることにつながります。

実験が終わったあとは、改めてプリントで復習!
さらに入試問題も解いてみたりして、
すごく勉強になったようでした!

俊英館では、このような楽しい理科実験イベントを
たくさん実施しています!

次の理科実験イベントは、「万華鏡をつくってみよう!」
きれいな万華鏡を作って持ってかえれちゃう!
光の性質を学ぶこともできて、一石二鳥です!

4/13(土)14:00~15:00で実施します。

たくさんのご参加、お待ちしていま~す!

俊英館Flex昭島校
担当:金田・岡・大貫
TEL:042-519-6981

ワクワクする小学生の授業、図形の極

頭の柔らかい小学生の頃から、
意識して図形をイメージする訓練をする。

そうやって得られた能力は算数の図形分野だけにとどまらず、
大人になっていろいろな場面で発揮されます。

空間を把握する能力ですからあらゆる仕事で役に立つ、
また身近なところだと部屋の片付けもスムーズに行えます。

形として頭でイメージする習慣をつけること。
俊英館が未来を生きる小学生に養ってもらいたい能力です。

中学生・高校生になると算数は「数学」と呼び方が変わり、
大きく「代数」と「幾何」に分類されます。

簡単に言うと代数とは計算分野であり、
幾何とは図形・空間分野です。

中学生・高校生になっても難しい図形が
頭でイメージできれば大きな強みになる。

新しくなった俊英館の小学部の授業、
コンセプトは「ワクワクする授業」です。

春休みの2週間、
ぜひその「ワクワク」を体験に俊英館に来てください!

俊英館Flex昭島校
担当:金田・岡・大貫
TEL:042-519-6981

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

〒196-0015
昭島市昭和町2-2-9日興パレス昭島 2F

最寄駅 :
JR青梅線 昭島駅