俊英館Flex

school

2018.06.02
■□■ 小学生イベント ■□■
2018.05.26
■□■ 連載コラム「中学受検/受験」② ■□■
2018.05.18
■□■ 連載コラム「中学受検/受験」② ■□■
2018.05.17
■□■ 中間テスト結果速報②! ■□■
2018.05.14
■□■ 中間テスト結果速報! ■□■

■□■ 小学生イベント ■□■

俊英館のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、本日は小学生イベントを行いました。
不思議な砂を使って箱庭を造りました。
キーワードはインスタ映え
かなり独創的な作品が出来上がりました。

ぜひご覧ください。

写真上:作品名「事故現場」
     物騒です。事故には気をつけてください。歩きスマホはダメですよ。

写真中:作品名「歯磨きをしない人の下あご」
     生徒自信が撮影したこだわりの一枚です。よく見ると端っこに指が写っています。

写真下:作品名「ユニコーンのお菓子屋さん」
     ほっとしますね。メルヘンな作品、これぞインスタ映えです。

来週 6/16(土)の小学生イベントは「高得点ゼミ」。
学校のテストで点数をとるコツを教えちゃいます。乞うご期待!

★☆★体験授業をご希望のかたは、以下のページで必要事項をご入力ください★☆★
https://www.shuneikan.co.jp/form/index.php?


“都立入試に強い!!”
京王線 府中駅徒歩10分   TEL:042-354-7305
俊英館Flex府中校 担当:青木、福田

■□■ 連載コラム「中学受検/受験」② ■□■

「都立中学/私立中学に進学すること」のメリットばかり挙げてみましたが、当然デメリットもあります。

①受検/受験に失敗した場合のダメージ
都立中受検、私立中受験のどちらにしろ、お子さんには相当の努力が要求されます。それでも必ず第一志望の中学に合格できるわけではありません。特に、都立中学の場合は平均応募倍率が約5.6倍の一発勝負ですから、不合格になる可能性の方が圧倒的に高いことになります。

そうなった場合、お子さんが「努力しても無駄だった」と感じ、その後の学習意欲をなくしてしまうことがありえます。

しかし、それはゴールを中学受検/受験に設定しないことで防ぐことができます。将来の夢の実現を目指すうえでの通過点の一つ、と受検/受験を位置づけておくこと、また失敗した場合はこういう道もある、という「プランB」を事前に用意しておくことが重要になります。これは合格した場合の「燃え尽き」にも有効です。

②「無駄」な勉強
私立中学入試ではあいかわらず非常に細かい知識が要求される場合があります。たとえば、黄道12星座をすべて覚えるとか、ピーマン生産量トップ5の都道府県をすべて覚えるとか、将来使うことがないかもしれないことまで覚える必要があります。

本来、無駄な知識などないはずで、出題意図は一定の法則性/一般性に気づけるかといったところにあることが多いのですが、覚えていればすぐに正解できるのも確かです。

そういった知識を覚えさせたくないのであれば、そういう問題を出さない中学を受けるしかありません。前回ご説明したとおり「記述型入試」や「思考力入試」といった知識に頼らない出題形式が選択できる中学が増えています。

都立中学の適性検査では、学校の教科書に出ている知識だけで十分です。それ以上の知識については、必ず問題の文章内で説明されるので覚えておく必要はありません。しかし、それを読んで理解する力、またその知識を活用する力が絶対に不可欠になります。

大学入試改革にうまく対応するための1つの手段として「都立中学/私立中学に進学すること」についてのメリット・デメリットを紹介してきましたが、いかがでしょうか。受検/受験するかどうかあれこれ悩む前に、まずはそれについてよく知ることが大切だと思います。(おわり)

~無料授業体験キャンペーン中~
 俊英館府中校 042-354-7305
 夢をチカラに、未来をカタチに 

■□■ 連載コラム「中学受検/受験」② ■□■

はっきりしない大学入試改革への対応策として「都立中学/私立中学に進学すること」が有効である3つの理由のうち、残りの2つとは?

②大学入試対策の本気
大学の附属でない私立中高一貫校は、大学入試での合格実績が経営に直結します。

合格実績が出ないと、生徒が集まらなくなってしまうので、生半可な授業などは許されません。授業で理解不十分な生徒には補習を実施する学校が多いのも、合格実績を出すためという面もあるはずです。

都立中高一貫校も同じです。

「進学指導重点校」の設置など、都立高校の大学合格実績を向上させるための改革の一貫として、都立中学は誕生しました。ですから、大学入試対策に力を入れなければ存在意義を失ってしまうのです。

このように都立中学/私立中学は本気にならざるを得ないので、今回の大学入試改革にもいち早く敏感に反応してくれるはずです。

③多様な入試形態
今回の大学入試改革の本質は「知識偏重を改める」というところにあり、そのために思考力や表現力を問う出題方法が検討されているわけです。

しかし、都立中学では誕生当初から「適性検査」入試を実施しており、知識よりも思考力や表現力が必要とされてきました。

また、私立中学でも近年「思考力入試」「記述型入試」といった、これまでの知識偏重からの脱却を図り、多様な資質や可能性を測る入試形式を採用する学校が増えてきました。

これらの中学に進学するには相応の勉強が必要になりますが、当然その勉強は知識のつめこみやパターン練習ではなく、思考力や表現力を鍛えるものとなり、それらは将来大学入試で必ず生きてくることになります。

つまり、都立中学/私立中学に進学するために勉強することが、そのまま大学入試対策をしていることに他ならないわけです。

こう見てくると、都立中学/私立中学に進学することはいいことづくめに感じますが、本当にそうなのでしょうか?(つづく)

~無料授業体験キャンペーン中!~
 俊英館府中校 042-354-7305
 夢をチカラに、未来をカタチに 

■□■ 中間テスト結果速報②! ■□■

またうれしい報告が飛び込んできました。

府中五中の中3H.Aさんが
数学で100点ゲット!


中3生は標準クラスでも90点台が続出しているので、中間テスト結果の集計はもう少しお待ちください。

俊英館府中校では4月に中間テスト対策イベント『高得点ゼミ』を実施しました。

5月以降は小学生を対象にした『高得点ゼミ』を予定しています。

☆☆☆小学生『高得点ゼミ』第1回☆☆☆
小5 5/20(日)17:00~18:00
   【内容】単位量あたりの大きさ など
小6 5/23(水)15:30~16:30
   【内容】文字と式 など

学校の算数のテストのそっくり問題に挑戦したあと授業で解説して、類題を解く練習をします。
どなたでも無料で参加いただけますので、お気軽にご相談ください。

~無料授業体験キャンペーン中!~
 俊英館府中校 042-354-7305
 夢をチカラに、未来をカタチに 
 

■□■ 中間テスト結果速報! ■□■

先週、府中五中の中間テストが終わりましたが、
さっそくうれしい報告が飛び込んできました!

中1生 O.Kくん が
数学 100点ゲット!


まだ他の学年、他の教科は返却されていないようですが、
集計が完了したらあらためてお知らせしたいと思います。

~無料体験授業キャンペーン中~
 俊英館府中校042-354-7305
 夢をチカラに、未来をカタチに 

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

〒183-0053
東京都府中市天神町1-11-8

最寄駅 :
京王線 府中駅 / JR武蔵野線 北府中駅