俊英館Flex

school

2021.09.14
【学習法】成績が上がっている人は学校ワークの活用の仕方が違う!?
2021.09.04
◆【睡眠】勉強の質を高める!?ぐっすり寝れる方法を解説!
2021.08.30
◆双方向オンライン授業開始
2021.07.15
◆英検対策ゼミ 夏の講習中からの受講がお勧めです!
2021.07.09
◆atama+ 夏の講習で受講できます!

【学習法】成績が上がっている人は学校ワークの活用の仕方が違う!?

中学生になると必ず使用する学校ワーク。これの活用方法を間違えたり、計画的に取り組めなかったりすると思うように成績が伸びない結果になります。今回はとても重要である学校ワークについて使い方を紹介していきます!

■ ワークはいつから始めればいいの?
学校ワークはズバリ、テスト1ヶ月前には始めましょう!
ワークを上手く活用するのが苦手なお子様で最も多いのは「ワークがテストギリギリになること」です。余裕を持って取り組むことが、成績向上の鍵となります。

■ ワークは何周する?
ワークは最低2周、できれば3周です!
実は、ワークを1周しただけでは成績は伸びません。なぜなら、1周目でできることは「自力で解ける問題と解けない問題を区別すること」と「解けなかった問題の解き方を理解すること」だけだからです。実際には、解けない問題の解法を理解した上で2周目・3周目に取り組み、自力で解けるようになっているのかを確認する必要があります。自信をもって解けた問題は、自信がなかったけどあっていた問題、ケアレスミスで間違えた問題は、解き方がわからなかった問題、完全に間違えた問題は×、など、問題の出来、不出来が一目でわかるように問題番号に印をつけておきましょう。


■ でも解き直しってどういう風にやるの?
これについては大事なポイントが2つあります。
① 1周目で解けなかった問題、自信がない問題だけを解く。

2周目以降も全ての問題を解くのは、正直時間の無駄です。それこそ、解き直しが全部終わらず本末転倒になってしまいます。効率の良い学習をするためにも、2周目以降は解く問題を選ぶことをオススメします(×がついている問題だけを解き直せば大丈夫ですね)。

② 1周目の時点で提出物は終わらせておく。

よく2周目をするときにワークに書き込むお子様がいるのですが、それは良い方法とは言えません。理由は、前のポイントでも触れた通り、2周目で全部の問題を解かないといけないからです。また、テスト直前は自分の苦手な単元を克服するために、ワーク以外にやりたい勉強もあるでしょう。しかし、提出物が残っている状態では、その弱点克服に時間を使うことも出来なくなってしまいます。
どうしても1周目でワークに書き込みたくない場合は、事前にテスト範囲のコピーを取っておくのをオススメします。そうすれば、1周目はワークに書き込み、2周目はワークのコピーに書き込みというふうにすることができます。

■ こんな時はどうすれば良い??
① 1周目の時にほとんど問題が解けないです。

→ ワークの答えを活用しましょう。

たまに、全然解けないから教科書などで調べてワークに取り組むお子様がいます。しかし、それだとかなり時間がかかってしまうため、その場合は答えを見ることをオススメしています。ただし、ただ答えを写すだけではダメです。なぜその答えになるのか考えてから、答えを途中式やプチ解説なども含めて書き、それでも意味が分からない問題は講師に質問したり、教科書などで調べたりするのがよいです。ただその場合はワークは3周目まで行い、定着を図ることをオススメします。

ワークをやり込んでも成績が上がらない

→ いくつかのパターンが考えられます。

A) そもそもワークからあまり出題されない場合

ワークからあまり出題されず、学校の先生が作成したプリントなどから出題されるケースがあります。そのため、普段から学校の先生の話を聞きどこからテストが出るのかを把握しておく必要があります。

B) 自分に甘くなってしまっている場合

丸つけが適当になっている、なんとなく解けてOKにしてしまっている、苦手な問題を無意識に放置している、間違えた問題は答えを見ながら赤で直して終わり...などこれらは全部「出来るつもり」になっている証拠です。あくまで最終的な目的はテスト当日に解けるようにすることですので、これらの甘さが多いほど致命的になってしまいます。

C) 勉強した内容を忘れている場合

せっかく前倒しで勉強しても、人は忘れる生き物です。復習をしないとテスト当日には忘れることもたくさんあります。そのためワークをちゃんと終わらせた後は他のテキストでの復習や自分でテストをすることをオススメします。

いかがだったでしょうか? ワークを効率的に活用して、定期テストで良い成績を取りましょう!


 

◆【睡眠】勉強の質を高める!?ぐっすり寝れる方法を解説!

日々生活を送る中で、当たり前ですが睡眠はとても大切です。睡眠の質が落ちれば、体調不良になりやすくなり、勉強の質も下がってしまいます。そこで、より質の高い睡眠を取る方法を紹介します。

■ 自律神経とは
睡眠を語る上では欠かせないのが、自律神経です。簡単に言えば「24時間働き続ける自分の意思でコントロールできない神経」のことを言います。例えば、運動神経は自分の意思で動かせますが、内臓や血管は自分の意思だけではどうにもならないですよね。この自律神経が乱れることで睡眠の質が下がってしまいます。実はこの自律神経は直接的なコントロールはできないですが、生活習慣などを正すことで間接的にはコントロールできますので、その方法を紹介します。

■ 寝る前に行うとぐっすり眠れるルーチン
① 寝る前にスマホなどを見ないようにする
光は眠れなくなる大きな要因のひとつです。映像を見る機会が増えている現代だからこそ、必要最低限以上のスマホの利用は裂けたほうが良いです。特に寝る直前はついついユーチューブを見たりゲームをしたりしたくなりますが睡眠の観点から言えば厳禁です。意識的に光を入れないようにしてみてください。

② 湯船につかる
よくお風呂をシャワーで済ませてしまう人がいますが、これもあまりよくありません。寝る1時間~2時間前に湯船につかるのが理想的だとされています。身体を芯から温め、徐々に体が冷えてくることで寝やすくなります。また、湯船につかる際は最初5分ほど肩までつかり、その後5分~10分はおへそあたりまでつかるのがよいそうです。

③ 何も考えない
寝る前は身体をリラックスさせ、頭の中を空っぽにするようにしてみましょう。少し調べれば瞑想用の音楽などもあるため、それを流して寝るのもお勧めです!不安なこと、気になることをなるべく解消しておくことで、リラックスしやすくなります。

■ 朝起きるためのルーチン
寝るときはもちろんですが、朝起きるときも重要です。心地よい目覚めはその日1日のパフォーマンス向上につながります。学習効果も高まりますので、ぜひお試しください!

① 日光を浴びる
日光を浴びるのが一番目覚めやすい方法です。日光を浴びることで自律神経のスイッチが入るからです。しかも、カーテンを開けるだけなので、誰でもできます。簡単に質の高い目覚めを得られるためお勧めいたします!

② 一杯の味噌汁
味噌にはとても栄養が含まれています。自律神経を整える上でできれば毎日でも飲んだほうがよい優れものとされている料理です。具も、わかめや豆腐などがあれば簡単に調理できるため、これも実践しやすいです。さらに、身体を温めることができるためこれも優れたポイントです。ぜひ飲んでみましょう!

③ 起きたときの習慣を自分で作る
朝、目覚めたときに必ず行う習慣をひとつ作りましょう。簡単なことでかまいません。皆さんもよくしている「顔を洗う」「歯を磨く」などの些細なことで構いませんので、何かひとつのことを継続することでその行動が体のスイッチを入れるきっかけになります。習慣づくまでには時間がかかりますが、慣れると良い目覚めの武器になるため、ぜひ試してみてください!

◆双方向オンライン授業開始

全国でコロナ新規感染者数の爆発的増加が止まりません。従来型よりもデルタ株は感染力が強く、深刻化しています。市内でも、家庭内感染や学校感染も増えてきており、我々を取り巻く環境は非常に危機的状況であると受け止めております。そのような中で県立学校や小中学校では、感染対策を強化して授業を再開する方針(分散登校とオンライン学習を併用し教室内の密集を避けること、始業時刻の繰り下げや授業短縮を行い生徒間の接触機会を減らすこと)が発表されております。
 
私たちはこれまでも、感染対策として
■マスクの着用  ■手洗い  ■手指の消毒  ■検温  ■教室の除菌・換気 
などを行ってきました。
 
現在の若者たちへの急激な感染拡大といった状況を踏まえ、9月から「双方向型オンライン授業」を行っています。 ZOOMを活用し、「対面授業」と全く同じようにオンラインで双方向の授業を配信します。 質問や個別補習のなどのフォロー対応も、オンラインで実施してまいります。
 
8月末にいくつかのクラスにてオンライン授業を試しましたが、お子様方からは「いつもの授業と同じで良い」というお声をいただいております。 お子様から好評いただけたのは、昨年の学校休校期間中に実施した一方向型オンライン授業とは異なり、生徒と講師の「対話」によって授業を進めるスタイルであるからだと思います。
 
このオンライン授業を活用することで、通塾による(人との接触による)感染リスクを減らすことができ、学習面では塾に通っているのと同じ指導を受けることができます。
基本はご自宅での学習になりますが、諸事情によりご自宅で受講することができない場合には、教室(塾)で受講していただくこともできます。
 
【通塾される場合のお願い】
1.マスクを着用してください。マスクについては、飛沫防止効果が薄いとされるウレタンや布製のマスクではなく不織布のものを着用してください。
2.通塾いただく前に検温してください。
3.お子様だけではなく同居されるご家族の体調が悪い場合には通塾はご遠慮ください。
4.授業曜日以外において来館数の多い19:00~21:30の自習室のご利用はご遠慮ください。
 
双方向型オンライン授業について詳しいお問合せは校舎にお問い合わせください。

 
 

◆英検対策ゼミ 夏の講習中からの受講がお勧めです!

10月の英語検定の対策は、俊英館の「英検対策ゼミ」がお勧めです。リスニングと筆記試験の対策を「出題形式別」にトレーニングできます。解説の映像授業の視聴期間は「1ヶ月」。8月になる前に問題演習を進めて、8月に入ったら解説動画を見始めて理解を深め、9月には間違い解き直しを繰り返すのが「必勝パターン」です。
受講希望の方は、電話またはメールで、俊英館までご連絡ください。

◆atama+ 夏の講習で受講できます!

苦手科目克服に絶大な効果を発揮すると噂のatama+が、夏期講習で受講できます。
この夏で、苦手科目(苦手単元)を克服したい人は、ぜひお勧めです。
60分×4回の授業が 単独受講11,000円、追加受講4,400円と、リーズナブルな価格で提供しています。この夏に、ぜひ!!

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

最寄駅 :