俊英館Flex

school

2018.09.17
■□■お子さん、読んでいますか?■□■
2018.09.15
■□■目玉焼きがいっぱい??■□■
2018.09.14
■□■中2はそろそろ・・・■□■
2018.09.13
■□■「自分に厳しく」は難しい!■□■
2018.09.11
■□■言い続ける難しさと大切さ■□■

■□■お子さん、読んでいますか?■□■

小学部基礎コースでは算数と国語と主に扱っています。
3年生までは1科目授業料無料ということで、とても多くの生徒に通っていただいております。

その中で、とても気になるのが
「文章を読んでいない」
ということです。

ごく短い文章を読んで質問に答える問題。
「○字で書き出しなさい」という質問には、まず即効で
「わかりません。」
「いえいえ、きみ、文章読んでないよね。読んでから
考えよう。」
30秒後にまた
「わかりません。答え教えてください。」
「いやいや、だから文章を読みましょう。もう一度。」

というやりとりが3回ほど続くと、ほとんどの生徒が諦めて
文章を読み始めます。

皆様、「わが子は文章題が苦手かも。」
と思う前に、まずそもそも「文章を読んでいるか。」を確認してみてください。
 

■□■目玉焼きがいっぱい??■□■

今日は月に1度の小学生イベントでした!
「フェイクフードを作ろう」ということで、見てください!
このいっぱいの目玉焼きを!!

黄身の色には、全員がこだわりましたねぇ。

目玉焼きストラップ、目玉焼きマグネット、など今日一日は目玉焼きだらけでした。

ちなみに私が作った目玉焼きは「うめぼし~~~!」と生徒に言われてしまいました・・・。

■□■中2はそろそろ・・・■□■

秋の気配が濃くなって参りました。
ということは中学生は定期テストが近いですね。

特に2年生は
数学は1次関数→図形の証明
英語は接続詞→動名詞・to不定詞
と恐ろしい単元が続きます。

ここで大半の2年生は「・・・・・・・・・」となって
しまうのです。

このまま3年生になってしまうと、それはまぁ大変!

ということで俊英館では、親切丁寧な定期テスト対策を
実施中です。
ぜひ、ご遠慮なくお問合せください!

■□■「自分に厳しく」は難しい!■□■

俊英館では、よく生徒に「自分に厳しくあれ!」と言います。
「勉強したくない」
「ゲームをやりたい」
「スマホを見ていたい」

色々な欲望がありますが、それを我慢して自分に厳しくするからこそ、合格という希望が叶う、というわけです。

が、生徒にそう言っている私自身はどうなのか。
時々反省します。

運動嫌いですが、体型維持のためにフラフープ!
と一念発起して買ってしまいました。
毎日たった10分ですが「う~~~ん、今日は疲れたし・・・。」
とか言い訳してしまいます。

勉強とフラフープを比べるなんて!!と生徒に怒られそうですが、いい歳のおばさんには大問題です。

ということで、生徒に「自分に厳しく!」と胸をはって言えるように、毎日ブンブンとフラフープを回しているいのでした。

■□■言い続ける難しさと大切さ■□■

塾の先生をしていると、当然ですが保護者の方々から相談を受けることが多くなります。
一番多い相談は「親の言うことを聞かない。どうすればよいでしょうか。」という内容です。
そのような時には「言い続けるしかないですよ、それが親の役目ですから。」とアドバイス(?)しております。

私も子育てをしてきましたが、まずもって子供が親の言うことをきく、などということはありませんでした。私のママ友も同じ悩みを抱えており、よくランチをしては愚痴っていました。今思い返してみても、半世紀近く生きてきた中で、親の言うことを聞く子供には、2家庭しか会ったことがありません!!

では、「○○しなさい!」と言うのを諦めたか、というとそれは違います。
ママ友たちと「私たち親が言い続けないと、誰が言ってくれる!」と励ましあいながら、言い続けました。

その結果どうなるか、は自分の子供が親になった時、あるいは独立した時にわかるでしょう。
今私が言えるのは、「言い続けて良かった」ということです。

偉そうで恐縮ですが、本心でそう思います。

たとえ馬耳東風であれ、馬の耳に念仏であれ、めげるなお母様たち!!!ですよ。
ポジティブにいきましょう!

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

〒179-0072
東京都練馬区光が丘3-9-2IMA南館G-3・2F

最寄駅 :
都営大江戸線 光が丘駅