俊英館Flex

school

2022.05.13
☆★☆ 中1・中2は「ワーク」演習 ☆★☆
2022.05.13
☆★☆ 中3英語 ☆★☆
2022.05.13
☆★☆ 小4算数 ☆★☆
2022.05.11
★☆★ 高3生との会話 ★☆★
2022.05.11
★☆★ 中1数学 ★☆★

☆★☆ 中1・中2は「ワーク」演習 ☆★☆

みなさん、こんにちは。
俊英館の島田です。
本日は、
中1、中2のお話です。
中1、中2に関しては、
きたる6月の「中間テスト」に向けて準備をスタートしています。
定期テストで大変なのは「学校ワーク」の提出です。
この時期ですと1科目あたりおよそ20ページほど出てきますので、5科目ですと、合計100ページぐらいになります(*_*)
 
だからこそ、
今から少しずつ進めておく必要があります。
もちろん、ただ進めるのではなく、しっかりと考え、覚えていない所は、しっかりと復習をすることも必要です。
早くから行うから余裕も持てる。
みなさんも、ぜひ早めのスタートを切ってください(^^♪

☆★☆ 中3英語 ☆★☆

みなさん、こんにちは。
俊英館の島田です。
 
本日は、
中3英語のご紹介です。
中3英語は、現在
「不定詞」という単元を行っています。
この単元は、昨年度の中3生から、それまでは
高校で学習していた単元であった「原形不定詞」が含まれます。
一見すると簡単そうですが、なかなか一筋縄ではいきません。
だからこそ、
大切なのは「英文法」を学習し、「なんとなく」ではなく「しっかりと」分かることです。
俊英館の英語は、「英文法」をしっかりと教えます。
その上で「リスニング」や「長文読解」に着手していきます。
来週からはテスト対策に切り替わっていきますので、また、違った角度の勉強方法を行っていく予定です。

☆★☆ 小4算数 ☆★☆

みなさん、こんにちは。
俊英館の島田です。
 
本日は、
小4の算数のご紹介です。
昨日学習した単元は、小4の生徒がつまずきやすい
「3桁×3桁」の計算です。

1つ1つ
計算の順序を確かめながら行っていく必要があります。
 
昨日も、声に出しながら、いっしょに行いました。
「まず最初に『これ』と『コレ』をかけて・・・」
「次の解答欄は1マスずれて・・・」
こんな感じで進めることで、自分でできる力を身につけていくことができます。
 
小学生は、
いっしょにやってあげると、本当によくがんばってくれます(^o^)丿

★☆★ 高3生との会話 ★☆★

みなさん、こんにちは。
俊英館の島田です。
 
本日は、昨日あった
高3生Sさんとの会話から。
 
生徒Sさん「先生、この英文構造を教えてください。」

島田「OK!! えっと、これが主語で、うんっ!!この “have”は何だ?あとこの “it”は?」
「この部分は『分詞構文』だけれど、『主節』と『従属節』が違うのに『主語』が省略されているなぁ・・・」

なんて話をしているところに、別の高3生Oさんが。
生徒Oさん「その “it”は『仮目的語』で “have”は『所有』を表し、『その伝説には載っている』という意味ではないのでしょうか?」

島田「なるほどね!!」
 
なんて会話をしつつ、この生徒たちと中1の頃からの付き合いなので、
思わず、
「ここまで成長したかぁ~。」という嬉しさに思わずホロっと来ましたね。
 
結局、生徒Oさんが正解でした!!
すごいね(^o^)丿
 

★☆★ 中1数学 ★☆★

みなさん、こんにちは。
俊英館の島田です。
 
本日は、中1の数学より。
中1の数学は、3月から行ってきた
「正負の数」を終え、「文字式」についに突入しました!!
「正負の数」は基本中の基本で、これができないと、中学校3年間の数学は歯が立ちません。
ですから、うちの中1も毎回気合を入れて勉強してくれました。
それがやっと卒業です。
 
ただ、
次の「文字式」も難敵!!
早速、文字式のルールに混乱が起きています。
1つ1つをしっかりと確認しますが、恐らく明日にはできていない可能性が高い。
でも
諦めないのが、俊英館の生徒。
自主的に、校舎に来て、宿題を聞きながらマスターしていくのです!!
俊英館ismをしっかりとこの子達も引き継いでくれています!!
 

感謝!!感謝!!
 

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

市原辰巳台校

大きい地図で見る

〒290-0004
千葉県市原市辰巳台西1-8-51せんどう辰巳台店となり

最寄駅 :
JR内房線 八幡宿駅 / 京成千原線 ちはら台駅