俊英館Flex

school

2020.03.26
大学受験に向けて、新高校1年生が春にすること<後編>

大学受験に向けて、新高校1年生が春にすること<後編>

前回は「どうしたら勉強面で不安がなくて済むか」を考えてもらいました。

答えは思いつきましたか?

 

答えは「3月から高校の予習をしておく」ことです。

高校の授業は、数学も英語もペースが速いです。ちょっと置いていかれると挽回が非常に難しい。

そういう状況が予想できるのなら、最初から予習しておけばいいのです。

 

特に数学は「数学Ⅰ」と「数学A」と2つの授業に分かれます。

定期テストもそれぞれ行います。

 

しかも高校によっては、1年間の内容を8か月程度で終えてしまう場合もあります。

例えば都立日比谷高校は1学期中に「数Ⅰ」を終えるそうです。

高校入学してすぐ大変なのは、明らかですね。

 

数学がつまずくと、他の教科にも悪影響があります。

結果として、大学受験の準備段階である高校1年生の学習が不十分になってしまう。これは避けなければなりません。

 

新高校1年生は、春休み中に数学の予習を進めておく。

「数Ⅰ」なら“数と式”を。

できれば「数A」の“集合”と“場合の数・順列”くらいまでを終わらせておきたいですね。

 

高校で教科書を購入したらすぐに予習です。

もし困ったら、俊英館に相談してください。

お待ちしています。

 

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

〒187-0042
東京都小平市仲町234

最寄駅 :
西武新宿線 小平駅