俊英館Flex

school

2020.08.06
俊英館☆恋ヶ窪校ニュース
2020.08.03
俊英館☆恋ヶ窪校ニュース
2020.08.02
俊英館☆恋ヶ窪校ニュース
2020.08.01
俊英館☆恋ヶ窪校ニュース
2020.07.29
俊英館☆恋ヶ窪校ニュース

俊英館☆恋ヶ窪校ニュース

昨日1日お休みをいただき、本日からまた元気に再開しています。
特に中3生は連日の講習で疲れがたまっていたようですが、1日休んで元気になってくれたようです。
(もちろん、昨日1日しっかりと勉強してくれたとは思いますが・・・)

2学期以降に成績を上げるために、この夏はしっかりと勉強時間を確保してほしい、
そう思っています。

さて本日は勉強の「質」と「量」に関するお話を。

我々の中でも成績を上げるために、「質」にこだわるか「量」にこだわるか、しばしば議論になるんですよね。
まあベストは「効率よくたくさん勉強する」なんでしょうけど・・・。

私はこれに対する絶対的な答えを持っているつもりです。
ずばり、「質を上げる」です。
効率よく勉強していった方がいいに決まっていますから。

何だ、それだけかよ。そんなことなら自分だってわかるよ。
ふん、塾の先生って大したことないな。

と思った方、ちょっと待ってください。
話はまだ終わっていません。

「質を上げるにはどうすればいいか」
ここが回答できないと成績を上げることはできません。

これに対しても絶対的な答えを持っています。
ずばり、 「量を増やす」です。

どういうことか説明しましょう。

よくお問い合わせをいただくご家庭から、「うちの子、勉強のやり方がわかっていないようなんです」という相談をいただきます。
その生徒を当塾でお預かりして、死ぬほど勉強をさせます。
そうすると、だいたい入塾前の点数と比べて点数はアップしています。

いや、申し訳ないですけど、勉強のやり方なんてまったく説明していませんよ。
ただ「英単語を覚えなさい」「教科書本文を覚えてきなさい」「ワークを繰り返しやりなさい」と指示するだけです。

もちろん、言っているだけでは点数は上がりません。
覚えたかどうかをチェックします。
覚えるまで再テストを何度でも繰り返させます。

でもそれは「質を上げる」というわけではなく、「量を増やす」ということですよね。
この時点では、質にはこだわりません。
乱暴な言い方になりますが、1時間で英単語を100個を覚えられないなら、2時間でも3時間でもやってもらいます。

大事なのはここからです。
「1時間で英単語を100個覚えてきなさい」と言われたとするじゃないですか。
全然覚えられていなかったら私に怒られるので、その生徒なりに必死に覚えようとするわけです。

しかしこれまで十分に勉強してこなかったわけですから、やっぱりそんなに覚えられない。
1時間で試験範囲の英単語を10個しか覚えられない。
結局私に怒られる。
「ボーっと英単語を眺めているんじゃなくて、書いて覚えなさい!」と言われる。

英単語を書くことで、少しは覚えられる単語数が増えるかもしれない。
でも書くのは面倒くさい、もう少し楽な方法はないか。

ここで初めて、「どうやって英単語を覚えればいいか」を考えるようになるんです。
ある生徒は、私に聞きに来ます。
ある生徒は、自分より成績の良い友達のやり方を真似します。
ある生徒は、ネットで「英単語の覚え方」を検索します。

効率の良い勉強ができれば、限られた時間内で量を増やすことができます。
効率の良い勉強とは、「その人に一番合った勉強のこと」だと考えています。

書くことで覚えられる生徒もいます。
声に出して覚える生徒もいます。
小刻みに自分でテストをして覚える生徒もいます。(私的にはこれが一番いいと思っていますが)

どんなやり方でもしっかりと覚えてくれるのなら構いません。
しかし、その「自分に合ったやり方」を見つけるためには、量をこなすしかないんです。
量をこなすことによって、初めて質のよい勉強ができるようになるのです。

俊英館☆恋ヶ窪校ニュース

夏の講習も半分を過ぎました。
テストを通じて、受講生の中の差が少しずつ見え始めています。
日々しっかりと復習してくれている生徒は上位に位置していますが、
十分にやり切れていない生徒もいます。

まずは現状の自分の成績をしっかりと知ることから始めてください。
ただ知るだけでなく、周囲と比べて自分がどの位置にいるかということを知りましょう。

上位の生徒とはどのくらい差がついているのか、その差を埋めるために何ができるか。
これを考えて実行できれば、差を埋めることはできるはずです。

「どうしても家で社会の一問一答を覚えることができない」という心境を吐露してくれた生徒がいました。
その生徒は講習の授業の後、2時間以上残って社会の勉強をしていきました。
これも差を埋めるための地道な努力の1つでしょう。

1つ1つの弱点を克服して、9月を迎えて欲しい。
そのように思います。

俊英館☆恋ヶ窪校ニュース

夏の講習も本格的にスタートしました。
どの学年の生徒のみなさんも、連日講習を頑張ってくれています。
「連日」というのがポイントです。

みなさんは「エビングハウスの忘却曲線」というのはご存知ですか。
人が何かを学んだときに、

20分後には42%忘れる
1時間後には56%忘れる
9時間後には64%忘れる
1日後には67%忘れる

・・・

恐ろしい・・・

確かに授業中に説明し、その後少しして確認のために10分前に説明した内容の質問をすると、たまに答えられない生徒がいます。

そんなときに、「説明内容を忘れた」と言われてしまうと、こう突っ込みたくなりますよね。

「いや、そもそも聞いてなかっただろう!」

10分経って忘れたのか、そもそも説明を聞いていなかったのか・・・
判断が難しいところではあります。

普段の授業は週に1回ですから、復習しないとキレイさっぱりに忘れてくるわけですよ。
それが講習期のように通塾日数が続くと、忘れる前に授業を通じてもう一度復習することができます。
非常に効率がよいですね。

もちろん中3生とかだと、翌日に昨日の授業内容をすべて復習するわけにはいきませんので、「授業外でしっかり宿題をしなさいよ」となるわけですが。

しっかりと復習できているかどうかをチェックできるのも、講習のいいところです。

本日もさまざまなことをお伝えしました。
明日も講習が続きますが、しっかりと復習して明日の講習を迎えてくださいね。

 

俊英館☆恋ヶ窪校ニュース

昨日から中1、中2生の夏の講習がスタートしました!
1学期の復習が今回の講習のメインです。

9月になればすぐに定期テストが始まりますね。
テストで終わった1学期、テストで始まる2学期という感じでしょうか。

2学期のテストで高得点を取るには、この夏にどのくらい勉強できたかがポイントになります。

この夏の講習で扱った内容は、2学期すぐの定期テストでも出題されるでしょう。
夏の講習を通じて、十分な準備をこの講習中にしておきましょうね。

俊英館☆恋ヶ窪校ニュース

明日は校舎は休校となりますので、ご注意ください。

明後日からはいよいよ小学生、中1・中2生の夏の講習がスタートします。
この1学期いろいろありましたが、学習面の課題等はしっかりと振り返っておいていただければと思います。

恋ヶ窪校の中1、中2生もこの期間自習等で塾を利用してくれています。
期末試験の結果に反省が残っているのかもしれません。
その気持ちが薄れないうちに、夏の講習を迎えられればと思います。

国分寺1中の定期テスト日程が発表されましたね。
9/14(月)からだとか。
この日程だと、8/23(日)の夏休みが終わったタイミングで試験3週間前を迎えます。

この夏の講習期間をいかに有意義に活用できるか、
次回の定期テストはここにかかっているのかもしれません。

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

〒185-0014
東京都国分寺市東恋ヶ窪5-17-17

最寄駅 :
西武国分寺線 恋ヶ窪駅