俊英館Flex

school

2021.09.19
【テスト対策の様子】
2021.09.18
9月北辰テスト結果レポート
2021.09.14
【定期テストで活用できる】atama+で英単語対策!!
2021.09.12
【中3生対象】日曜特訓講座始まりました!
2021.09.11
【必見!】学校ワークの取り組み方

【テスト対策の様子】

中学生は期末テスト直前となりました。
本日、自習室を開放し、テスト前の最終確認をおこなっております。
これまでテスト対策授業をオンライン形式でおこなってまいりましたが、授業の中でしっかり力をつけることができているようで、応用問題や予想問題にたくさん取り組む姿が見られました。

時間制限を設けて、100点満点取れるまで何度もチャレンジする生徒や、黙々と暗記事項を覚えてから問題に取り組む生徒など、みんな一生懸命にテストに向けて励んでいました!
明日がテスト前日という学校も多くあります。
これまでの頑張りを発揮できるように最後まであきらめず頑張りましょう!!!


 

9月北辰テスト結果レポート

9月北辰テストの結果が返却されました。
夏期講習の頑張りが成果につながった生徒がたくさんいます!

◆偏差値アップ結果 
5科 5.1UP!
社会 18UP!
国語 17UP!
理科 16UP!
英語 15UP!
社会 15UP!

などなど大幅アップ者多数です!
ほかにも
社会で93点得点
国語で80点以上得点 数名
偏差値70以上 2名
偏差値60以上 35名
といった結果も出ました。

全体的に理科と社会の正答率が高く、暗記科目の対策を強化してきている成果がここにつながったと思います!
次回テストに向けてこの調子で頑張っていきましょう!!

【定期テストで活用できる】atama+で英単語対策!!

AI×講師×映像授業でおなじみのatama+コースに、
【英単語対策】が新登場!


学校の定期テストの英語では、教科書本文内容、文法・熟語、リスニングなどさまざまな問題が出題されますよね。

中でも、英単語は英語を読んで理解して問題を解く上でとても重要な要素となります。上記の教科書内容の理解やリスニングにしても、単語の知識がなければ対策は難しいものです。

公立校の英語の定期テストを回収し、分析したところ、テストの全体のうち、

約50%に英単語などの語彙問題が出題されていることも分かりました。

英単語対策こそが、定期テストの結果を左右する要であるということです!

とはいえ、

「単語が大事だと分かっていてもなかなか思うように覚えられない」
「暗記は苦手…」

「取り組んでいてもしっかり覚えられているか心配」
「専用のワークなどもないし、どうやって勉強すればいいか分からない…」

そうした悩みを抱えている方も多くいらっしゃると思います。
ただひたすらに書いて間違えたら確認して覚えて、また書いて…の繰り返しでは、継続するのも難しく、ほかの科目も勉強しなければならない場合は効率もよくないですよね。

こうした声を受け、atama+英語講座に英単語対策が加わりました!
英単語の勉強を効率よく、わかりやすく、楽しく!
効果的に取り組んでいける内容です!

【atama+英単語】
◆学校で使用している教科書の目次にあわせて単語を収録!
…使用教科書を選択し、学習したい範囲を選択するだけで、該当範囲の単語の学習が可能!

◆「暗記」と「テスト」の2種類のモードでサポート!
…単語と意味を交互に確認できる「トレーニング」モード、
   制限時間付きの「単語テスト」モードがあります!


◆「日本語→英語」「英語→日本語」のどちらにも対応!
…音声を聞きながら学習できるので、リスニング対策にもお使いいただけます。
 
お子様の単語テスト習得率や目標達成率は講師が徹底管理します。
到達度に応じて問題のレベルや目標設定も変更可能です。講師の管理の元、テストで必要な英単語を確実に習得できます!!


目標を設定し、授業内で集中して単語対策ができますので、テストまでに計画的に学習を進めることができます。
学習計画についても講師が全力でサポートしております!
授業で取り組んだ内容に沿って、宿題にも取り組んでいただけるので反復練習によって定着度が高まります。


atama+講座は体験授業もできます。
まずは体験を受けてから受講、という方も多いです。
定期テストが近づいているこの機会に、ぜひご活用ください!


当校のatama+講座の体験日時は以下です。ご都合が合いましたらぜひご参加ください!
◆木曜日 …19:30~1時間
◆金曜日 …20:00~1時間


atama+講座についての詳細はこちらの動画をご覧ください。
→ http://  https://youtu.be/OkEMnuxVkrI 

atama+講座の記事はこちらにもございます。
スマホ版→https://www.shuneikan.co.jp/smp/school/kumagaya_chu2/info_357.html
PC版→https://www.shuneikan.co.jp/school/kumagaya_chu2/info_72.html#article2


お気軽に校舎までお問い合わせください。
熊谷中央校 048-528-4855


 

【中3生対象】日曜特訓講座始まりました!

本日より日曜特訓講座が開講となりました。
感染症対策として、双方向オンライン形式の授業となります。

実際に県立入試で出題された問題を使って、①入試問題の解き方を覚える、身につける ②入試問題に触れて、試験までの経験値を増やす ことを目的とした入試対策講座となります
5科すべての授業がありますので各教科の対策を満遍なく実施できる内容でもあります!ですので、北辰テストや実力テストでの成績全体の底上げをおこなうことも可能です!

各県の入試問題に触れたことで、生徒たちも大きな刺激になった様子です。まだ難しいと思う問題も多いようですが、県立入試まで半年という今の時期からこうした問題に継続して取り組んでいくことで確実な入試問題に対応できる力をつけていくことができます。
生徒たちの感想は、
「問題は難しいけれど、解説がわかりやすかったです!」
「苦手な問題の傾向が分かった。これからもがんばりたい」
「もっと覚えなければならないことがあるのでしっかり取り組んでいきたい」
といった前向きなものばかりです!

ここからさらに、入試本番に向けて力をつけていけるように頑張っていきましょう!

日曜特訓講座は、ダブルスクールも可能です。
日曜日は20:30まで自習室も開放していますので、授業の後に自習室で勉強することもできます!
体験から参加することもできますので、お気軽にお問い合わせください!


日曜特訓講座についての詳細記事はこちらです↓
◆スマホ版 https://www.shuneikan.co.jp/smp/school/kumagaya_chu2/info_443.html
◆PC版  https://www.shuneikan.co.jp/school/kumagaya_chu2/info_89.html#article3
 

【必見!】学校ワークの取り組み方

本日は定期テストで要となる学校ワークの取り組み方・活用方法についてご紹介します!※画像だけでもだいたいのポイントは分かりますが、詳細は記事本文にございますのでぜひご覧ください!

☆☆☆☆☆

中学生になると必ず使用する学校ワーク。これの活用方法を間違えたり、計画的に取り組めなかったりすると思うように成績が伸びない結果になります。今回はとても重要である学校ワークについて使い方を紹介していきます!

■ ワークはいつから始めればいいの?
学校ワークはズバリ、テスト1ヶ月前には始めましょう!
ワークを上手く活用するのが苦手なお子様で最も多いのは「ワークがテストギリギリになること」です。余裕を持って取り組むことが、成績向上の鍵となります。

■ ワークは何周する?
ワークは最低2周、できれば3周です!
実は、ワークを1周しただけでは成績は伸びません。なぜなら、1周目でできることは「自力で解ける問題と解けない問題を区別すること」と「解けなかった問題の解き方を理解すること」だけだからです。実際には、解けない問題の解法を理解した上で2周目・3周目に取り組み、自力で解けるようになっているのかを確認する必要があります。

■ でも解き直しってどういう風にやるの?
これについては大事なポイントが2つあります。
① 1周目で解けなかった問題、自信がない問題だけを解く。

2周目以降も全ての問題を解くのは、正直時間の無駄です。それこそ、解き直しが全部終わらず本末転倒になってしまいます。効率の良い学習をするためにも、2周目以降は解く問題を選ぶことをオススメします。

② 1周目の時点で提出物は終わらせておく。

よく2周目をするときにワークに書き込むお子様がいるのですが、それは良い方法とは言えません。理由は、前のポイントでも触れた通り、2周目で全部の問題を解かないといけないからです。また、テスト直前は自分の苦手な単元を克服するために、ワーク以外にやりたい勉強もあるでしょう。しかし、提出物が残っている状態では、その弱点克服に時間を使うことも出来なくなってしまいます。
どうしても1周目でワークに書き込みたくない場合は、事前にテスト範囲のコピーを取っておくのをオススメします。そうすれば、1周目はワークに書き込み、2周目はワークのコピーに書き込みというふうにすることができます。


 

■ こんな時はどうすれば良い??
① 1周目の時にほとんど問題が解けないです。

→ ワークの答えを活用しましょう。

たまに、全然解けないから教科書などで調べてワークに取り組むお子様がいます。しかし、それだとかなり時間がかかってしまうため、その場合は答えを見ることをオススメしています。実際には、答えを途中式やプチ解説なども含めて書き、それでも意味が分からない問題は講師に質問したり、教科書などで調べたりする方が遥かに効率的だと思います。ただその場合はワークは3周目まで行い、定着を図ることをオススメします。

ワークをやり込んでも成績が上がらない

→ いくつかのパターンが考えられます。

A) そもそもワークからあまり出題されない場合

ワークからあまり出題されず、学校の先生が作成したプリントなどから出題されるケースがあります。そのため、普段から学校の先生の話を聞きどこからテストが出るのかを把握しておく必要があります。

B) 自分に甘くなってしまっている場合

丸つけが適当になっている、なんとなく解けてOKにしてしまっている、苦手な問題を無意識に放置している...などこれらは全部「出来るつもり」になっている証拠です。あくまで最終的な目的はテスト当日に解けるようにすることですので、これらの甘さが多いほど致命的になってしまいます。

C) 勉強した内容を忘れている場合

せっかく前倒しで勉強しても、人は忘れる生き物です。復習をしないとテスト当日には忘れることもたくさんあります。そのためワークをちゃんと終わらせた後は他のテキストでの復習や自分でテストをすることをオススメします。


いかがでしょうか?ワークをなるべく効率的に活用して、定期テストで良い成績を取りましょう!


 

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

熊谷中央校

大きい地図で見る

〒360-0045
埼玉県熊谷市宮前町2-251-1

最寄駅 :
JR・秩父鉄道 熊谷駅(南口側)