俊英館Flex

school

2018.10.12
■□■  基礎学習コースのお知らせ  ■□■
2018.10.10
■□■  高校生のテスト  ■□■
2018.10.09
■□■  第5回「四天王に挑戦」  ■□■
2018.10.08
■□■  古典は趣深い  ■□■
2018.10.06
■□■  Vもぎ対策  ■□■

■□■  基礎学習コースのお知らせ  ■□■

俊英館の基礎学習コースは、小学生全学年を対象とした集団授業のコースです。集団授業といっても、先生が前に立って全体に解説する、といった形式ではありません。学年も科目もさまざまな生徒たちが集まり、進級式のテキストで課題を1つ1つクリアしていく、という内容です。
特定の学年が固まりやすいタイミングもあれば、学年も科目も比較的バラバラという日もあります。4年生がおよその数の計算をしている横で、6年生が英語の穴埋め問題に取り組む、といった具合です。

3月から実施曜日を拡大したこのコースですが、おかげさまで好評をいただいています。既に定員となってしまった枠もありますが、曜日によっては比較的空いている場合もありますので、受講や体験をご希望の際はお気軽にご相談ください。
なお、3年生以下は1科目無料の特典も、1月までは継続しています。2科目以上を受講される場合は兄弟姉妹割引も適用できますので、大変お得です。ぜひご検討ください。

■□■  高校生のテスト  ■□■

中学生はほぼ全員がテストを終えましたが、高校生は今月が本番。自習に来る生徒も増え、高校生用のスペースは満席の状態が続いています。場合によっては使用していない教室も開放し、自習用に充てています。
夏明けから、高1の様子に少し変化が見られます。高1の2学期といえば、文理選択を詰めていく時期。志望校どころかなりたい職業まで決めている生徒はもちろん、そうでない生徒(当たり前ですがそのほうが多いです)も、2年生でのコースを決めないわけにはいきません。

中学のころと比べて、先を考え始める時期が早まり、その「考えるべき先」も現実的になってきました。受験を経験しているからでもありますが、今やっている勉強がこの先にどう影響するのか、自分のこととしてしっかり考えられるようになっています。
とはいえ、考えても答えが出ないことはあるでしょう。実際、そのような相談も増えています。高校生ともなれば、もう半分は大人です。中学生のように、こちらから「教え込む」のではなく、「一緒に考える」ことを通じて進路を決めましょう。

■□■  第5回「四天王に挑戦」  ■□■

夏を挟んで一時休止していましたが、10月1日からみんなの速読四天王に挑戦」イベントを再開しました。景品も一部リニューアルし、入り口の目の前にある文具店にディスプレイしています。
第5回の対決テーマは「あてっこ」です。トランプの神経衰弱といえば、イメージしやすいでしょうか。当てる絵柄は6枚3組と少ないですが、それだけに、操作の素早さや正確さが求められます。

このイベントは、校舎に来た生徒さんなら誰でも参加できます。体験や自習の合間でもチャレンジOKです。もちろん、練習してもらうこともできるので、ぜひ挑戦してみてください。

■□■  古典は趣深い  ■□■

中1、中2の国語の授業では、10月に古典を扱います。日本語のようで日本語でない、外国語のように見えてやっぱり日本語の、あの古典です。現代語と変わらない部分もあれば、全く違う表現や単語もあるので、それらが混ざって混乱する、というのがこの時期の中学生にはよく見られる光景です。
それでも、小学生のころに少し触れていた竹取物語や、いろは歌を例に出すと、結構「ああ、あれか」と思ってくれます。理科や社会にも共通することですが、知っているものの中から「実は……」という知識を提供すると、反応は良いです。

人間、知っていることと全くかけ離れた情報には、どうしても鈍くなるものです。大人でも子供でも、これは同じです。自分の知識や経験と関わる部分があると、繋ぎ合わせて理解しようとしたり、学ぶことを楽しめたりしやすくなりますが、関係が薄いとそうした意欲とは結びつきにくくなります。
生徒が知っていること、学んできたことと絡めて語る。そのためには日ごろから彼らの様子を観察することが不可欠で、簡単な話ではありません。だからこそ、「これは知ってる」という反応を見られたときは嬉しくなります。生徒たちも、そこから「分かった」に繋げられる。授業の醍醐味の1つはそこにあると思っています。

■□■  Vもぎ対策  ■□■

本日の中3の授業ではVもぎ対策を実施しています。夏に復習を行い、模試も何度か受けたとはいえ、テスト対策を間に挟んだので少し苦労した様子。10月は比較的、テストを意識せず入試に向けた勉強に専念できる時期ですから、できた・いまいちだった、どちらであっても解き直しまでしっかり行いましょう。
先日、塾内模試と9月Vもぎの結果を集計し、科目別の平均点と平均偏差値を算出しました。全体的に好調な科目や、課題となっている部分が明確に分かったので、今後の対策に役立てます。

今日の模試対策で「おっ」と思ったのは、生徒たちの態度です。夏前であれば、眠そうな顔をしたり姿勢を崩したり、ということがしばしば見られました。タイマーが鳴った瞬間、「やっと終わった」という表情を浮かべる生徒も数名いました。
一方、今日の対策では、50分間しっかりと集中しきり、終わりの合図をしたときも悔しそうな表情が目立ちました。時間が足りなかったのでしょう。それ自体は課題ですが、悔しい気持ちを持てる生徒は、必ず伸びます。だから、今日見られた反応には、頼もしさを感じられました。

あとは、それが今日だけのものにならないよう、行動に繋げてもらいます。

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

〒177-0052
東京都練馬区関町東2-14-7

最寄駅 :
西武新宿線 武蔵関駅