俊英館Flex

school

2018.05.24
■□■ 脱マイペース! ■□■
2018.05.23
■□■ 早くも来年度入試に向けて ■□■
2018.05.21
■□■ 中3特別講座 都立入試の傾向と対策 参加者募集 ■□■
2018.05.18
■□■ 体験授業をご希望の方へ ■□■
2018.05.17
■□■ 中3応用クラス ■□■

■□■ 脱マイペース! ■□■

じっくり考える勉強と、どっちかというと「作業」に近い勉強がある。漢字の書き取りや計算問題は、時間をかける勉強ではありません。知識や解き方を知っているか知らないか、がポイントなので1分考えてわからないものは、1時間うなっていてもわかりませんね。その間、考えた分だけ思考力がついているわけでもない。しかし本人は勉強した気分になるのが悲しいところ。たしかにやりたいことをがまんして、したくないことと向き合ったから立派と言ってあげたいが。

作業系の勉強をする際には、低学年でもタイマーで時間を計りその時間枠の中で取り組むのがいいです。プリント1枚10分とか、大問一を3分とか、細かく区切るのがポイント。校舎のいたるところにタイマーがおいてあるのはそういう理由です。受験生になったら、正答率10%の難問に挑むこともある。こういったじっくり系の問題も、できれば闇雲にやらず10分と決めて、取り組む。小学~中学の9年間でそういう「正しい勉強の仕方」を身につけさせたいです。昨日の中3授業、まだまだ自分のペースでしかやりたがらない、急げない生徒を見て、鍛えなきゃ、と思いました。

■□■ 早くも来年度入試に向けて ■□■

昨日、Vもぎでおなじみの進学研究会さんの主催する「高校入試報告会」に行ってきました。会場となった東京電機大付属中・高は定期テスト期間で、多くの生徒さんとすれ違いました。みなさんしっかりと目を見て挨拶してくれて気持ちが良かったです。中学・高校の説明会に参加させてもらったときは、しつけ指導も結構細かくチェックしています(ちょっと感じが悪い気もしますが、自分の生徒を通わせる可能性があることを考えると、お許しいただきたい)。

今の高1生たちの入試日に自己採点をしてもらいました。そこで感じたことは概ねあたっていて、どうやら例年に比べて平均点は高かった、よって例年の基準点に達しても不合格の生徒が出ただろう、とのこと。もう少し詳しく言うと、中堅~上位校にその傾向は顕著だったようです。詳細については6月1日・2日の中3ガイダンスのときや、夏前の面談でお話します。さて、明後日は東海大菅生中・高の説明会に行ってきます。来月まで私の午前のスケジュールは学校説明会でびっしりです!

■□■ 中3特別講座 都立入試の傾向と対策 参加者募集 ■□■


 

昨年に引き続き、今年も地域の中3生を対象に、都立高校入試に向けた特別講座を実施します。都立高校入試の平均点や出題傾向を説明する第一部、実際に今の段階で解ける入試問題にチャレンジし、解説授業を受ける第二部からなる二部構成です。

日ごろの地域の皆様への感謝をこめて、近隣に在住の中3生、保護者様はどなたでもご参加いただける講座としています。興味をお持ちの方はお電話あるいはメールでご予約のうえお気軽にご参加ください。

電話:042-534-7980
mail:sunagawa@shuneikan.co.jp
 

■□■ 体験授業をご希望の方へ ■□■

この時期毎年、『個別指導』のお問い合わせを多くいただきます。小学生~高校生までまんべんなく。4月から1ヶ月経って落ち着いたから、という生徒さんもいれば、付いていけなくなりそうで、という生徒さんもいます。お預かりして学習指導をするこちら側としては、「つまづいてからでは遅い」というのが正直なところですので、こじれる前に予防として今から通ってもらえるのがありがたいですし、成績も伸ばしやすい・維持しやすい。病気を例にとるのは全くふさわしくないのですが、それでも、悪くなったものをよくするのは相当時間がかかるし、うまくいかない場合だってあります。

『個別指導』をご希望の方でも、どうしても、という場合以外は、集団コース等ひととおりのコースや科目を体験してもらうようにしています。集団の方が絶対伸びる、と判断した場合は遠慮なく提案まではさせていただく。あとは本人の性格や目標と合わせて相談です。勉強をがんばってみたい、という生徒さんはぜひ体験授業にお越しください。

■□■ 中3応用クラス ■□■

「村雨に濡れた蓑」、「よどみなく諳んじる」、「驟雨」、「畢竟」…。昨日の中3応用クラスは、都立自校作成問題を初めて扱いました。小説だけ、ではありますが。上位校では、共通問題のような青春小説だけでなく、時代小説もよく出るので普段そういったものに親しんでいない生徒は語彙のレベルで苦労しました。夏前までは、しっかり基礎力をつけていきますが、立川の生徒が修学旅行に行く前に、一度「このレベルまで解けるようにする」という目標を見せておきたかったという意図で、昨日はそういった授業になりました。

立川の生徒は1学期期末まであと1ヶ月。その間に修学旅行や運動会があるから、自由な勉強時間は実はあまりない。武蔵村山の生徒も中間の結果が出たところではありますが、やはり期末まで1ヶ月強。ここで内申点の半分が決まる。正直、中3はホッと息をつけるタイミングがない。であれば、覚悟を決めて受験まで一生懸命やるしかない。土曜の理社も先へ進みます。

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

立川砂川校

大きい地図で見る

〒190-0031
東京都立川市砂川町8-60-16

最寄駅 :
西武拝島線 武蔵砂川駅