俊英館Flex

school

2018.09.14
■□■ 定期テスト近し ■□■
2018.09.12
■□■ 中3模試の結果 ■□■
2018.09.11
■□■ 9/22(土)は小学生イベント ■□■
2018.09.08
■□■ 今週末は文化祭 ■□■
2018.09.06
■□■ 学力の上昇スパイラル ■□■

■□■ 定期テスト近し ■□■

来年度の都立高校入試の日程が発表されました。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/admission/high_school/exam/release20180913_01.html

来年度は2月22日(金)が一般入試の本番です。あと5ヶ月です。受験生諸君は大切な1日1日をいい加減に過すことのないように。これは、自分への戒めもこめています。毎回の授業がどの生徒にとっても必ず意味のあるものとなるよう、精一杯準備し元気よく授業を行います。

さて早い学校は来週から中間テストがスタートします。テスト範囲もわりと出揃いましたが今回は出題範囲が狭いかな。でも、そんなときは用心しなさい。出題問題が少ない場合は1問あたりの配点が高くなる。また、範囲が狭いということはうがった見方をすると、出題できる問題も多くないからけっこう細かいところまで先生は出さざるを得ないということでもあります。場合によっては前学年の範囲からの出題もけっこうあるかも。油断せずに、復習を念入りにすること。

■□■ 中3模試の結果 ■□■

今年も受験生の校舎順位が夏を境に大きく入れ替わりました。今回の模試の結果を見て嬉しかったことが2つあります。1つ目は、夏期講習の終わりに「この夏本当に頑張った人、手をあげて」と聞いたところ、パラパラと4~5名の生徒が手をあげてくれました。で、今回の模試では見事に彼ら彼女らが上位を占めたのです。運動や音楽に比べると、勉強は個人差が少ないと思っています。ようは本人の努力しだいで生まれ持った学力差なんかすぐにひっくり返せるということ。頑張った生徒が馬鹿を見ないようになっているということ。努力したという自覚のある生徒に結果が出て本当に嬉しい。

2つ目は数学の上位1位と2位が標準クラスの生徒だったということ。応用クラスの生徒には奮起を期待しますが、やっぱり周りも見ずにがむしゃら勉強しているとカメがウサギを追い抜く。ウサギはもとよりカメも周りなんかみていないから自分が先頭に立ったことに気がついていない。修学旅行中のK・Kくん、よく頑張った。1学期は部活が忙しくうとうとすることもあったが、培った根性がここで生きたのかもしれない。気を抜かずに頑張ってほしい。その他の生徒からも100点が出たり、夏前に手をつけていなかった理社が急激に伸びたりと、それなりに成果を感じられる模試だったと思います。この後に返ってくる1・2年生の結果も楽しみです。

■□■ 9/22(土)は小学生イベント ■□■

9月に入って急に秋らしさが出てきましたね。
また台風も近づいてきているということで、
暑さがぶり返さないかも心配です。

気温としては過ごしやすい季節になってきましたが、
季節の変わり目の体調には注意してくださいね。

来る9/22(土)にイベントを開催します!

フェイクフードを作ろう!

良くお店の前に展示してある、アレです。
ものによっては本物と間違うくらいすごい作品があります。
今回はそんな誰もが見間違うほどのフェイクフードをみんなで作りましょう!

題材は「目玉焼き」です。

実際に試しに作ってみましたが、
これが凝り始めるとずっとのめりこんでしまうほど楽しいです(笑)
流石に見本を作る程度で止めましたが、
時間が許せばもっともっと良い作品を作りたいです!

次は当日、イベントに来てくれた子が作る番です。
先生以上の作品に期待していますよ!

日時:9/22(土)
時間:14:00~15:00
持ち物:汚れてもよい型、アクリル絵の具、筆
※持参しなくても校舎で用意したもので作成できます。
より面白い作品を作りたいという子は是非持ってきてください!

■□■ 今週末は文化祭 ■□■

多くの高校で学園祭・文化祭があり、高校生のいない、そして見学に行っている中3生もいない、少し寂しい土曜の自習室です。風が強いようですが空は青く晴れていて、生徒たちにとって素敵な週末になりそうで良かったです。中3に1週遅れて、明日から小6の日曜特訓が始ります。隣の席や前の席のライバルからいい刺激をもらって、もうひと周り成長してほしい。意識の高いクラスの中で悔しい思いもしながら、「半分以上の生徒ができない問題を自分は解けた!」という喜び。それは小学生にとって何ものにも変えがたい財産です。成長の過程で何かあるたびに自分を支える自信となるはずです。

明日の日曜は多くテスト会社の模試が実施されます。小6も中3も午前は模試を受けて、午後は学園祭を見に行って、というスケジュールを組んでいますね。部屋にこもってずっと高いモチベーションを維持できる生徒はほんの一握りです。「今日はいいや」、「明日からやろう」が、まぁ普通。だから外に刺激をもらいに行くのはとてもいいことです。明日は「この学校に行きたい!」と思いをあらたにしてきましょう。ただ、このあと修学旅行がある生徒は睡眠時間だけはたっぷりとること。この時期体調を崩して10月、11月まで引きずる生徒を毎年みています。

■□■ 学力の上昇スパイラル ■□■

夏が終わるこの時期に「勉強するのが楽しくなってきた」という受験生が出てきます。小6、中3、高3…学年関わらず、「ランナーズハイ」ならぬ「受験生-ズハイ」みたいになる生徒がいます。こうなってしまった生徒は、成績が上がりまくります(笑)。あがりまくるから勉強が楽しくなって…という無双状態の上昇スパイラルに入ります。以前も書いた気がしますが、そういう状態になる生徒は大体決まった傾向があります。言われたことをきちっとやる生徒、そして授業を受ける姿勢がいい生徒です。本人の立派さは当然ながら、おそらく家族を含めたそれまで関わった大人の影響も大きいのだと思います。

どの学年においても文系の指導はわりと早めに仕上がるので、受験生にはちょっと昔の年の過去問題をやらせてみています。中学受験生であれば洗足中学の国語は考える力をつけるのにうってつけなので生徒のレベルを問わず取り組ませたい。高校受験生であれば昨年の西高校の国語。グローバリスム・資本主義について評論はぜひとも読みなれておくべき。仕上がった受験生ではないので、当然一回ではわからないし、それでいい。グタッと折れずに、わかるまで読み込むことで力がつきます。一番苦しいところで頑張れれば、上昇スパイラルに入っていくでしょう。

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

立川砂川校

大きい地図で見る

〒190-0031
東京都立川市砂川町8-60-16

最寄駅 :
西武拝島線 武蔵砂川駅