俊英館Flex

school

2021.11.24
◆冬の講習・検定受付中◆
2021.11.22
◆講習引き続き申し込み受付中◆
2021.11.20
◆英検漢検 受検生受付中です◆
2021.11.19
◆知識欲◆
2021.11.18
◆正しい勉強法を身につける冬◆

◆冬の講習・検定受付中◆

国語は設問をまず読みましょう。
設問を正しく読めない生徒は点が取れません。
みんなやってると思います。

中3の言語力は低くありません。
設問を正しく読めない生徒は言語力が高い生徒であることが多いです。それが問題なんです。そのせいで問題を落としている生徒が多くいます。

どういうことでしょうか。
生徒の言語力が高い場合生徒は途中まで設問を読み・・・
わかった気持ちになります。

なぜなら言語力が高いので、
その先を推測できるからです。
我々は日々察する文化の中で生きていますから、
その先を推測し、設問を読んだと錯覚します。

例を出します。
こんな問いがあったとします。

「主人公である和菓子屋の店主は、”おいしい”と言ってくれるお客さんに改めて御礼を言うのである。いやいや、御礼を言いたくなるのはお客さんの方なのである。」
ここまで読んで中3レベルになってくると・・・

A.なぜお客は御礼を言いたくなるのか
B.なぜ主人公の店主はお礼を言うのか
この2つのうちのどちらかを問われると予想します。

が、

「主人公である和菓子屋の店主は、”おいしい”と言ってくれるお客さんに改めて御礼を言うのである。いやいや、御礼を言いたくなるのはお客さんの方なのである。
この様子を見ている筆者の気持ちに近いものはどれか


と問題が続いたりします。

出題者はわかっているわけですね。
中3の言語力が高いことを。
だから、中3が予想すべきであろうその先の問いと違うものを聞いてくる。AでもBでもない筆者を持ち出してくる。

例えばの話ですが、こんな風にひっかけてくるんですよ。だから、設問はちゃんと読まなければいけない。言語力がある、先が読める生徒ほど読まなければいけないんです。

と、ここまでで物語文でありがちなひっかけ問題の例を取り、みんなが思っていることから切り込み、みんなが思っていないような論に着地させましたが、これが説明文の方の論の展開の癖だったりします。

みんなが知っているような話題から初めて、
えっ?そうくる?というオチに持ってくる。





解ける生徒は、そういうことをあらかじめ知っています。
どうひっかけてくるかを知っています。
教わったからです。

今年の冬の講習のテーマは、
勉強の仕方を教える・・・です。


引き続き講習と、検定の申し込みを受け付けしています。

◆冬の講習申し込み開始!!◆
冬の講習に無料ご招待|塾・学習塾なら俊英館フレックス (shuneikan.co.jp)
無料でご受講いただける講座がほとんどです!!


◆検定受付中◆
※俊英館に通っていない方ももちろんご利用いただけます
【日程英検】
◆1次試験・・・1月22日(土)
◆2次試験・・・2月20日か2月27日(後日案内)
◆会場・・・俊英館玉川上水校(2次は別会場)
◆申し込み締め切り・・・12月7日(火)

【日程漢検】
◆1次試験・・・1月29日(土)
◆会場・・・俊英館玉川上水校
◆申し込み締め切り・・・12月21日(火)


【お申し込み方法】
①校舎にお電話ください
042-538-5800
②ご来館頂き、申込書を書いていただきます
5分程度かかります

【受験までの流れ】
①お申込み手続きをしていただきます(上記)
②当日試験時間に来館して受検をしていただきます
③WEBで結果を閲覧できます、校舎でも管理しています
④結果を受け取りに来ていただきます

講習・検定準会場、
どちらもお気軽にお問い合わせください。

俊英館Flex玉川上水校
042-538-5800
担当:山本

◆講習引き続き申し込み受付中◆

俊英館玉川上水校のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。

明日11月23日は校舎がお休みです。
ご不便をおかけしますが、ご容赦ください。

留守番電話への登録、LINE連絡、メール連絡については、
翌営業日以降で順次お返事致します。

引き続き講習と、検定の申し込みを受け付けしています。

◆冬の講習申し込み開始!!◆
冬の講習に無料ご招待|塾・学習塾なら俊英館フレックス (shuneikan.co.jp)
無料でご受講いただける講座がほとんどです!!


◆検定受付中◆
※俊英館に通っていない方ももちろんご利用いただけます
【日程英検】
◆1次試験・・・1月22日(土)
◆2次試験・・・2月20日か2月27日(後日案内)
◆会場・・・俊英館玉川上水校(2次は別会場)
◆申し込み締め切り・・・12月7日(火)

【日程漢検】
◆1次試験・・・1月29日(土)
◆会場・・・俊英館玉川上水校
◆申し込み締め切り・・・12月21日(火)


【お申し込み方法】
①校舎にお電話ください
042-538-5800
②ご来館頂き、申込書を書いていただきます
5分程度かかります

【受験までの流れ】
①お申込み手続きをしていただきます(上記)
②当日試験時間に来館して受検をしていただきます
③WEBで結果を閲覧できます、校舎でも管理しています
④結果を受け取りに来ていただきます

申し込みが必要な学校見学、外部模試等が、
定員いっぱいになるのが非常に早い今日この頃、
英検や漢検の準会場として、
そういったものの一部のお手伝いができれば幸です。


俊英館 Flex 玉川上水校
042-538-5800
担当:山本

◆英検漢検 受検生受付中です◆

俊英館玉川上水校のホームページをご覧くださり、
ありがとうございます。

俊英館玉川上水校は英検の準会場です。
2022年1月も英検を実施します。
俊英館にお通いでない方もご利用いただけます。
遠慮なくお問い合わせください。

【日程英検】
◆1次試験・・・1月22日(土)
◆2次試験・・・2月20日か2月27日(後日案内)
◆会場・・・俊英館玉川上水校(2次は別会場)
◆申し込み締め切り・・・12月7日(火)

【日程漢検】
◆1次試験・・・1月29日(土)
◆会場・・・俊英館玉川上水校
◆申し込み締め切り・・・12月21日(火)


【お申し込み方法】
①校舎にお電話ください
042-538-5800
②ご来館頂き、申込書を書いていただきます
5分程度かかります

【受験までの流れ】
①お申込み手続きをしていただきます(上記)
②当日試験時間に来館して受検をしていただきます
③WEBで結果を閲覧できます、校舎でも管理しています
④結果を受け取りに来ていただきます

申し込みが必要な学校見学、外部模試等が、
定員いっぱいになるのが非常に早い今日この頃、
英検や漢検の準会場として、
そういったものの一部のお手伝いができれば幸です。


俊英館 Flex 玉川上水校
042-538-5800
担当:山本

◆知識欲◆

今日は月食が起こりましたね。

いつも校舎のホームページをご覧くださり、
ありがとうございます。

モチベーションはとても大切です。やる気があれば、のめり込み上達します。向いている、向いていないに関わらずです。子ども達の好きなものへののめり込みはすごいです。ゲーム、スポーツ、趣味・・・好きなことについてはいくらでも取り組み、膨大な知識を蓄えます。勉強に対してもそうだったら・・・・そんなことを思ったことがある親御さんは少なくないと思います。

勉強ですから、やりたいことだけを自由にやれるわけではありません。結果、娯楽のようにのめり込むことは中々難しいです。勉強のせいではなくて、環境のせいです。ここは仕方ない。でも、興味関心を持たせてあげることで、今以上に前向きに取り組んでもらうことはできます。

知識欲は興味関心の一つです。知識を蓄える=コレクションする、知識を使う=実践はとても楽しいものです。知識欲を刺激するときには、きっかけがあると効果的です。分かりやすい例だと、「単語テストの結果が良くて褒め殺しされた」、こういうことがあると、生徒は次の単語テストに向けて燃えたりするのですが、きっかけはどのようなものでもよく、そういうことがあると勉強に取り組みやすくなることが多いです。

今日は月食がありましたね。画像をホワイトボードに写し、簡単に月食の仕組みを話してあげたのですが、理科嫌いの生徒も相当前のめりになっていました。まだ小学6年生の生徒です。この感覚が残っていたら、中学3年生の天体の授業をより意欲的に受けられそうですね。

◆冬の講習申し込み開始!!◆
冬の講習に無料ご招待|塾・学習塾なら俊英館フレックス (shuneikan.co.jp)

俊英館 Flex 玉川上水校
042-538-5800
担当:山本
 

◆正しい勉強法を身につける冬◆

俊英館玉川上水校のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。

昨日も勉強を運動に置き換えて、学習について言及しましたが・・・スポーツに置き換えると勉強の大変さや難しさは言語化しやすいです。実態を理論上でも把握できるなら、改善行動も考えやすいです。これが安心や自身につながります。

結局ルールと勝敗があるという面においてはスポーツも入試も定期テストもカラーテストも同じです。そう考えると、勉強をスポーツに置き換えて攻略法を考えるのは悪くなさそうです。さて、たいていのスポーツには正しいフォームというものがあります。

どのような競技であっても正しいフォームを身につけることが上達への近道と言われています。私は小学生のころからバスケットボールに打ち込んでいましたが、「左手は添えるだけ」と言いながら何百本、何千本とシュート練習をしたものです。

最初は撃ちにくいんですよね。正しいやり方が最初から快適なわけではないんです。それから、私はいろいろな運動に取り組みましたが、バスケットボールで効果的であった練習法がほかの競技で通用するかというとそうでもなかったりもするんです。
 
勉強も同じです。やはり効果的な勉強法があります。また、それが科目ごとによって少しその在り方を変えたりします。順序としては科目の特性を理解し、その上で的確な方法で勉強することが成績アップへの近道である、といいう理論なのかもしれません。
 
さて、俊英館の各校舎では冬期講習の受付が始まっています。今年の冬休みのコンセプトは「正しい提案と、正しい勉強方法にて、成果を出す冬」です。

提案
という新しい言葉が出てきてしまいました。
適切な勉強法は、センスとめぐり合わせで既に身につけている生徒もいます。ですが、生徒にとって難しいことがあり、それは先に述べた”科目の特性を理解すること”です。これは、科目を勉強しているだけではなく、科目を教える視点も持ったプロの講師に教えてもらうのが最も効率的です。その提案を私たちが行わせていただきます。
 
◆冬の講習申し込み開始!!◆
冬の講習に無料ご招待|塾・学習塾なら俊英館フレックス (shuneikan.co.jp)

俊英館 Flex 玉川上水校
042-538-5800
担当:山本

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

玉川上水校

大きい地図で見る

〒190-0002
東京都立川市幸町6-2-1

最寄駅 :
西武鉄道・多摩都市モノレール 玉川上水駅