俊英館Flex

school

2021.11.30
個別指導で成績up!!
2021.11.29
中3模試対策を実施しました!
2021.11.27
◆2学期期末テストを振り返ってみる◆
2021.11.26
◆楽しいから始まる興味関心-小学生イベント◆
2021.11.25
◆受験生になる冬-中2に向けて◆

個別指導で成績up!!

俊英館Flexには個別指導コースもあります。

生徒1人1人に合わせた教材、カリキュラムを用いています。

俊英館Flexは「一人ひとりを大切に」が理念です。

その理念を元にしたコースの1つです。

冬の講習(冬期講習)では個別指導は
2コマまで無料で受講できます!!

中3模試対策を実施しました!

今日は中3模試対策を実施しました。

演習&解説を何回も行うことで「場慣れ」を目指しています。

模試に慣れることで、それが入試本番の得点力につながります。

次回12月実施分が最終回です。

1点でも高い点数が取れるように一緒にガンバロウ!!

◆2学期期末テストを振り返ってみる◆

俊英館玉川上水校のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。期末テストが終わり、また期末テスト後の課題も一息ついた生徒が多いと思います。宿題として解き直しをやった生徒も多いと思いますが、それでも解き直しはやりましょう。

俊英館玉川上水校では以下の日程で解き直しを行います。
◆期末テスト解き直し道場
12月4日(土)19:00-21:30
外部生参加可・無料


定期テスト、どんどん大変になりますね。
俊英館玉川上水校には7つの中学校から生徒が集まっています。それぞれの中学校に合わせて指導することも少なくありません。せっかく大変な思いをしたと思うので、それが糧に変わるところまではやり切らないともったいないです。解き直し道場、参加しましょう!

俊英館玉川上水校では、状況に応じてテストの分析報告をしています。闘う相手が分かった方が、次回闘いやすくなります。それは生徒も、保護者も同様ですね。

その一部をご紹介します。特に最近お問い合わせが多いのが数学。やはり皆さんお困りのところは似ているようです。

【定期テスト分析の一部】
2019年頃と比較し、平均点が15点程下降している科目が目立ちます。 現状俊英館玉川上水校に通っている生徒の中学校7つを複合的に見て最も難化がキツイ科目は数学と国語です。 定期テストの体質が今年度でかなり変わりました。 これまで点を取りやすかった学校が、点が取りにくい学校に変貌していたりします。  理科社会も平均点が低い状態が続いていますが、俊英館玉川上水校の館生の実績はそこまで悪くありません。 理社が苦手な生徒でも、直前に標準的な準備ができた生徒はまずまず点数が取れています。 一部の生徒が非常に低い点を取り、平均点を下げている部分が大きいと私は予測しています。

【数学】
1学期の期末テストから平均点が50点台前半である中学校がほとんどです。 期末でも引き続き同現象が続いています。中3であっても平均点は低いです。2つの中学校は難易度が落ち着きましたが。

得点を上げにくい理由は以下の4つです。
①試験範囲が広い
②模試的な問題が出題され始めた
③復習内容の問題が出題されている(試験期間学習範囲外)
④問題の難易度の差が激しい(とてもやさしいor難しい)
⑤過去問からの出題 先に中学生保護者にはご連絡を差し上げたように救済措置を取る学校が多いです。
※テスト後提出物

①中3ですと、関数+相似と試験範囲が広く、箱ひげ図なども欲張って差し込まれてしまっていたりします。

②大問は、1つの問題で複数の単元の理解を求めるものが増えてきています(1次関数+2次関数+図形+公式)

③試験範囲外、前学年の問題なども前半小問で出題してくる学校があります。

④優しい問題はワークのA問題レベル、難しい問題は賢く取り組まないと取れないレベルの問題です

⑤都立や私立の過去問から問題が抜粋されているケースがあります   正答率15%-30%くらいの問題になることが多いです。

中学1,2年生の試験は、中学3年生の試験より1.2倍ほど問題の種類が多く、厳しいテストでした。 次の2月の学年末も引き続き簡単ではない試験が続く見込みです。 中1,2のうちはなんとかこなしていきましょう。大体毎回77点くらいに壁があります。 ケアレスミスを防ぎ、点数を守るような取り組みを当日はすると成果が良いです。


これは一つの例ですが、生徒の取り組むものをよくよく見てあげること、これまでのやり方だけで通用するかを定期的に確認していくことが、生徒のために必要であり、それは当たり前なのですが、そのチェックの頻度をより高くしていくことが勝敗を分けるように感じています。もう一つ大切なのは、そんなわけで定期テスト結果は絶対にアップダウンするので、ダウンの時にへこまないで先に進み続けることですね。

◆冬の講習申し込み開始!!◆
冬の講習に無料ご招待|塾・学習塾なら俊英館フレックス (shuneikan.co.jp)
無料でご受講いただける講座がほとんどです!!

俊英館Flex玉川上水校
042-538-5800
担当:山本

◆楽しいから始まる興味関心-小学生イベント◆

俊英館玉川上水校のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。今日は小学生イベントを実施しました。レモン汁でオルゴールが鳴るキット作りです。

小学生イベントでは、生徒がとにかく楽しい・好きにやっている状態を作っています。もちろん、我々講師陣は生徒の安全に最新の注意を払っているのですが。

今日の実験の本質は、中学3年生時に勉強する”化学電池”です。その仕組みを使って、電気を流し、オルゴールを鳴らすようにしています。ですが、そういうことはイベント中、先生からは話さないようにしています。

教えてから、教えたことに興味が持てたかどうかをチェックするのもよいですが、教えないで生徒が自ずと興味関心を爆発させ質問を投げてくる方がいいと思います。今日は先述の通り仕組みの説明は私たちの方からはしませんでしたが・・・・

狙い通り(笑)、生徒から”なぜこうなるの??”という質問がたくさん挙がってきました。その時には、丁寧に教えてあげました。小学校低学年の生徒も、そんな時は説明に対して前のめりです!

金属が電気を流します。
でも、そういうことも教えないで、いろいろなものに電気が通るかのチェックを、思い思いにしてもらいました。結果、狙い通り(笑)生徒が自分で気づいてくれました。金属でできたものが電気を流す・・・と。中にはコーティングをされたハサミに電気が流れないことを先読みしてくれた生徒もいました。

やらないといけないことで、点数を取らないといけない勉強に中学生になったら取り組まなければいけません。だから、その前にその教科に興味を持っている状態を作ってあげることが大切です。だから、俊英館では小学生講座にいろいろなコースを用意し、”中学準備”という名前が付いたコースも2つ用意しています。

今後も毎月、小学生の無料のイベントを行います。
お気軽にお問い合わせください。

◆冬の講習申し込み開始!!◆
冬の講習に無料ご招待|塾・学習塾なら俊英館フレックス (shuneikan.co.jp)
無料でご受講いただける講座がほとんどです!!

俊英館Flex玉川上水校
042-538-5800
担当:山本

◆受験生になる冬-中2に向けて◆

受験生になる!

俊英館のホームページをご覧いただきありがとうございます。

冬と言えば冬期講習

今日は中2の学習の紹介です。俊英館の冬の講習では中2は7日間で入試に必要な5教科を勉強します。授業では2学期の復習から3学期の予習まで行います。

これだけでも十分内容の濃い講習なのですが、さらに俊英館では中2の冬の講習を「受験生になる冬」と位置付けています。 中2は入試に頻出の単元を学習する学年です。

ですから単なる復習と予習ではなく「入試を意識した」授業を展開します。授業で覚えたことが入試ではどのように出題されるのか、どのように覚えておくと入試に役立つのかなどを教えていきます。

俊英館にまだ通っていない方は、この7日間の授業を無料で受講できます。




私は・・・
中2も中1も
実際には既に受験生であると思っています。

中2のみなさんは、自分が受験生である自覚はありますか?今皆さんが勉強していること、それからこれまでに勉強してきたことはちゃんと受験で出題されるのですから、そういうことでは、中1からみんな、高校受験をするなら受験生です。

ただ3つの理由から自分が受験生であるとは思いにくいのだと思います。

①中1,2の間は勉強一本の中学校生活は送りにくい
だから、中3になるタイミングで一応、”これから受験生ですね”という線引きをするんでしょうね。

②中1,2の間は勉強の目的が定期テストであることが多い
中1,2の内申はまだ受験に影響を及ぼしませんから(直結はしない)、定期テストで目標の点数が取れたかどうかという勝負をすることになりますね。受験生になると、この定期テストで点数を取るために勉強してきた中学1,2年生の内容を、入試で点数が取れるような理解に微調整するような勉強をします。入試問題を意識し始めると、本格的に受験生であると思いやすいですね。

③みんなが自分のことを受験生であると言わない
みんなが自分のことを受験生であると自覚し始めるのはやっぱり中3になってからであることが多いですね。早めに自覚できるとライバルに差をつけられるかもしれません。


勉強に本腰を入れるにあたっては、精神面での切り替えというか、オンオフがあった方がいいですね。学年の切れ目などの節目などがそのきっかけになりやすいですね。そういうきっかけがあると、中3になった時にはロケットスタートが切りやすいし、つらいときに踏ん張りが効きやすいんですよね。精神論かもしれませんが、気持ちが乗っていないときの取り組みに成果は伴わないことが多いので、精神が行動に先行するならそれも大切にした方が良いと思います。

いずれにしても、まだ中2のみなさんには受験生である意識は薄いかもしれません。
「中2のうちに受験生になる!」
そのために俊英館玉川上水校では、玉川上水校独自開催講座に工夫をしました。先述の①~③に関連付けた、受験生になるきっかけづくりのコースを設置しています。

中3の理科先取り講座

”受験生”と呼ばれる学年、みんなが自分を受験生であると認知する中3の理科を先行して扱います。理科は中3になると考え方が少し変わる学問でもあるので、一足先に少しキリっとしまった生徒になれると思いますよ!!

◆冬の講習申し込み開始!!◆
冬の講習に無料ご招待|塾・学習塾なら俊英館フレックス (shuneikan.co.jp)
無料でご受講いただける講座がほとんどです!!

俊英館Flex玉川上水校
042-538-5800
担当:山本

体験授業のご予約や、資料のご請求、お問い合わせなどは、下のボタンからお申込みください。

  • 体験授業・イベント予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

校舎アクセス

玉川上水校

大きい地図で見る

〒190-0002
東京都立川市幸町6-2-1

最寄駅 :
西武鉄道・多摩都市モノレール 玉川上水駅